お前それ、ゾフィーにも同じこと言えんの?ver.2.0

主にウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズなどの特撮関係の話題等を扱っていこうと思います。

一般ドラマ等

小説版『あぶない刑事』ベストセレクション

今回は、小学館文庫より復刊された、小説版『あぶない刑事』ベストセレクションのご紹介です放送当時全9巻が発売されていたという小説版。復刊されてたとは知らなくて、先日書店で見かけたときに衝動買いしてしまいました収録されているお話は、第3話「挑発…

太陽にほえろ!七曲署ヒストリー 1972-1987 オープニング・タイトル+全予告編コレクション

今回は、「太陽にほえろ!七曲署ヒストリー 1972-1987 オープニング・タイトル+全予告編コレクション」のご紹介です。実は以前の記事で購入をほのめかしていた商品。昨日紹介した商品のついでに、買うことにしました内容はタイトルからもわかるとおり、『太…

『太陽にほえろ!』OPでは山さんを観ろ!

刑事ドラマの金字塔として名高く、来年で放送開始45周年を迎える伝説の刑事ドラマ:『太陽にほえろ!』 PART2を含めて全730話が放送され、多くの刑事たちが一係に配属されたり、いろいろな形で去っていったり(主に殉職)しました。そんな膨大な話数の中で使用…

“デカドラ”との出会い

最近は『さらばあぶない刑事』によって巷で刑事ドラマ熱が高まっているようなので、私と刑事ドラマの出会いについ思い起こしてみましょう私が初めて観た刑事ドラマは、確か上の画像にもある『はみだし刑事情熱系』(テレ朝系:96~04年)だったと記憶していま…

『にっぽんの刑事スーパーファイル』ちょっとした感想

今回は、1月25日に発売された書籍『にっぽんの刑事スーパーファイル』の感想記事です実は26日の時点ですでに購入していたのですが、『さらばあぶない刑事』関連のことを先に記事にしてたら今日までずれ込んでしまいました内容は当然ながら、日本の刑事ドラマ…

『さらばあぶない刑事』特設展示

今週土曜日から公開の『さらばあぶない刑事』。公開館の1つである大阪梅田の梅田ブルク7の入っているイーマビル1階では、この映画に関する特設展示が組まれています入り口には映画ポスターとCMを流し続けるテレビ、吉川晃司さんが実際に撮影で使用したスーツ…

『さらばあぶない刑事』ちょっとした感想 ※微ネタバレ注意※

梅田ブルク7にあるタカとユージの直筆サイン入りポスター今回は、1月30日から公開の映画『さらばあぶない刑事』の感想記事です実は昨日大阪の梅田ブルク7にて先行上映試写会が開かれ、それに参加したためこのような早い時期の感想記事になりましたネタバレは…

当たった試写会

ケーブルテレビの月間番組表に付属していた、『さらばあぶない刑事』試写会キャンペーンの告知。私の母が冗談半分で去年の年末に勝手に応募したらしいのですが…。当たったではないか当たってしまったではないかなんと、1月26日に開催される大阪での『さらば…

有料配信の効果はいかがなものか

年末頃からYoutube等でも告知されていた、正月からの『大都会』&『西部警察』の動画配信。肝心の1日が過ぎても「さっぱりどこで配信やってるのかわかんないなぁ」と思ってたら、huluで配信してたんですね https://s.yimg.jp/images/blog/html/twitter/twitte…

『西部警察』と特撮作品の関連性

巷でよく言われる、「『西部警察』は特撮っぽい」という評価。これを聞いて中には起こるファンの人もいるかもしれませんが、なぜこのようなことが言われ続けるのかを、自分なりに考えてみました。①典型的な勧善懲悪モノであること『PART-Ⅲ』第39話「激闘!!炎…

さらば、あぶない刑事

1986年に第1作が放送され、テレビ・映画を併せて2005年まで続いた『あぶない刑事』その『あぶない刑事』が、10年ぶりに復活&ストーリー完結します!ソース→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000002-flix-movi映画のタイトルは『さらば、あぶな…

約1000円でポンッと買えたぜ

さあさどうぞ、これを見てみててください。『コマンドー』のディレクターズカット版ですよ 『コマンドー』はシュワちゃんがドンパチする映画です。日本の発明品じゃありません。アメリカのオリジナルです 日本版のDVDはしばし(アメリカ版に)後れを取りまし…

よみがえるKATANA

みなさん。『西部警察』シリーズで、舘ひろしさん演じる鳩村 英次刑事(通称:ハト)の一番愛車といえばなんでしょう? そう。スズキ社製GSX1100S KATANA―、通称スズキ・カタナですね(カタナRはあんまり活躍無かったし…) 『西部警察PART-Ⅱ』の第1話OPで初登場…

『西部警察』シリーズが教えてくれた「間違った警察知識」

容疑者の自白させるためには鉄拳もブランデーの使用も辞さない。 それが大門軍団である(PART-Ⅱ第16話より)。 70年代~80年代前半の日本の刑事ドラマは「刑事ドラマ=アクションドラマ」という認識が強く、今では硬派な刑事ドラマとして知られる『Gメン'75』…

「西部警察サウンドトラック ベスト」発売決定

1979年10月の初回放送から、今年で35周年を迎える『西部警察』シリーズ。 全話収録のブルーレイBOXやムック本などの記念商品などが多数発売(予定)されていますが、とうとう音楽面でも記念商品が発売されることになりました。 その名も、「西部警察サウンドト…

『西部警察 スペシャル上映会』に行ってきたぞ!

黒塗り部分は座席番号です。 昨日の夜、『西部警察 スペシャル上映会』に行ってきました! 19:00からの上映で、私はTOHOシネマズなんばで観ました。 スクリーンの入り具合は、およそ50人前後。ギリギリ半分入っているかいないかくらいの人数でしたね。 やっ…

酒田市の興奮再び

国鉄の貨車でミサイルを運ぶ簡単なお仕事です。 以前当ブログでも紹介した、「西部警察 スペシャル上映会」。 11/28に六本木にて開始されるこの企画ですが、六本木での上映作品はPART-Ⅰ第123話とファンによる投票で選ばれた1本ということになっていました。 …

『全国縦断!西部警察スペシャル上映会』開催決定!

キタ―――(゜∀゜)―――ッ! 1979年の放送開始から来年で35周年を迎える、今も火薬のにおいがしそうな伝説の刑事ドラマ:『西部警察』 その『西部警察』の中でも有名な「全国縦断ロケ」のエピソードが、それぞれかつてのロケ地にて一夜限りの上映会が開催されること…