お前それ、ゾフィーにも同じこと言えんの?ver.2.0

主にウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズなどの特撮関係の話題等を扱っていこうと思います。

『仮面ライダーガッチャード』第41話 ちょっとした感想

f:id:bongore_asterisk:20240623105450j:image

負ける気が全くしない仮面ライダー勢揃い!

 

 

 

f:id:bongore_asterisk:20240623105500j:image

応援…それが、ニジゴンのガッチャか!今回の『仮面ライダーガッチャード』は、冥黒王の1人であるジェルマンの撃破回。戦闘シーンは序盤と終盤に集中して割り振られており、中盤は、宝太郎たちのニジゴン探しを通した、単発ゲストのお悩み解決回のようなノリになっていました。

 

事前告知されていたもの含めて、今回は本当にネタの宝庫。仮面ライダーGIRLSの久々の本編出演もそうですが、やはり最も特筆すべきは、『特警ウインスペクター』のファイヤー/香川竜馬役の山下優さんと、『特救指令ソルブレイン』ソルブレイバー/西尾大樹役の中山幸一さんのゲスト出演でしょう。本当に短い時間でしたが、もう「レスキューポリスシリーズ」ネタ満載で感激しました。

 

なお、前回(第40話)の記事は↓コチラです。

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

 

 

前回、ジェルマンの作ったゴーレムとクロトーに追い詰められていた、プラチナガッチャード/宝太郎&マジェード/りんねとスパナ。しかし、前者は渾身の連携攻撃で、後者はギギストの介入により、それぞれいったん撤退に追い込むことに成功します。そして、ニジゴン探しを開始した宝太郎たちは、運送業者の男性2人組から、有力な手がかりを得て…。今回は、前回の続きからスタート。スパナのほうは、結果的にギギストに助けられてその場を切り抜けるという構図になっていたのに対して、宝太郎とりんねは、自分たちの力と考えを活かして応戦していたのが、強く印象に残りました。前回の描写だと、ジェルマンやゴーレムにはレインボーガッチャードの力を使わなければ倒せないのかなとも思われましたが、今回はマジェードもプラチナガッチャードもしっかりと力を合わせ、今出しきれる力をしっかり使って戦っていたのがGood。マジェードも単にプラチナガッチャードの補助ではなく、しっかりと、先陣を切って必殺技を叩き込み、そしてゴーレム撃破への突破口を開く形になっていたので、活躍的にプラチナガッチャードに全く劣っていなかったのがよかったですね。こうした戦いののち、宝太郎たちはニジゴン探しへ。有力な手がかりを得られたのは、偶然出会った配送員の2人組の証言からでした。この配送員2人組こそ、ファイヤーの山下優さんと、ソルブレイバーの中山幸一さん。直接的な描写はなかったものの、ヘルメットを脱いだ際に汗を払う描写や、ミナトに記憶を消された際にサムズアップしあうさまに、「レスキューポリスシリーズ」リスペクトが感じられて、とても感動しました。

 

宝太郎たちがたどり着いたのは、ライブハウス。そこでは、ヒナとコヨミというアイドル2人組がパフォーマンスを披露していましたが、もう1人いるというメンバー:マイの姿がありませんでした。しかし、そんなマイは、ニジゴンと出会ったことで考えを改め、さらに、彼の尽力により3人で再びステージに立つ気力を取り戻し、ようやく宝太郎たちもここでニジゴンと再会するのでした。中盤では、マイをはじめとする仮面ライダーGIRLS(劇中では架空のグループ「イリゼットガールズ」として登場)のお悩み解決ドラマが中心。ニジゴンがそ大きくアシストする形になっていますが、それを加味しても、ライトに観れるパートになっていました。ニジゴンと接触した配送員2人組に対しては、ミナトが記憶消去をしてたけど、あのライブハウス会場の客全員にもしたのかなぁ。人海戦術でやるには、かなり人が多かったけど…。そして、ここでも加治木がチラッとだけ出演。蓮華も言ってたけど、本当に加治木、どこにでもいるな…!

 

ジェルマンがライブハウスに近づいていることを知り、マイたちのステージを守るため、わざとその場を離れる宝太郎たち。ニジゴンと再会した彼らの思いと覚悟は強く、そして変身した彼らに、ジェルマンが勝てるはずがありません。レインボーガッチャードに変身した宝太郎は、スチームホッパー・アントレスラー・ライトニングジャングルを召喚し、マジェードやヴァルバラド/スパナと協力のうえ、最後はトリプルライダーキックでフィニッシュ。ジェルマンは消滅寸前のところまで追い詰められますが、そこへアトロポスが現れて…?終盤では、ニジゴンと再会し、そして彼と和解した宝太郎たちと、相変わらずニジゴンを取り込もうとするジェルマンとの激戦が披露。どちらが勝利するかは明白であり、絶妙の連携と圧倒的な人員の差で、レインボーガッチャードたちが勝利を収めていました。レインボーガッチャードが分身すること自体は、過去のお話でも描写されていましたが、今回はそれにプラスして、分身体それらとマジェードたちが協力し、最終的にトリプルライダーキックを披露していたのがGood。坂本監督らしい演出が随所に炸裂しており、もう最終回のラストバトル並みと言っても過言ではないほどの、規模と迫力を誇っていました。いや〜、トリプルライダーキックは本当にカッコよかったな〜!そんなレインボーガッチャードらの猛攻に対しても、完全に倒されはせずに、ギリギリのところで踏ん張っていたのがジェルマン。彼は近づいてきたアトロポスに助けを求めますが、アトロポスにそんな気などさらさらなく、黄金の立方体に取り込まれた挙げ句、グリオン復活の材料にされてしまうのでした。映画に登場することもあり、ここで復活することになったグリオン。冥黒王がまだ2人もいる中で、彼はどのようにしてストーリーに絡むのか?『ガッチャード』は、まだまだ見逃せないドラマ展開が連続しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も感知していない、102体目のケミーが現れた?その真相を確かめるべく、錆丸は自らすすんで、兄の研究所へと向かう。そこで彼が見たものは、一体何か!?

 

次回は、錆丸が主人公のお話。ここへ来て彼の家族のことが判明しそうですが、同時に全体的なストーリーも進めないといけないので、それらがどう交わりあうか興味深いですね。それにしても、幻の102体目のケミーだなんて、映画でも使えそうな設定だけどな…。

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

…というワケで、記事は「『爆上戦隊ブンブンジャー』バクアゲ17 ちょっとした感想」に続きます。

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Twitter Instagramやってます。よろしければ↓閲覧&フォローの方お願いします!

Twitter https://twitter.com/CTF_bongore_A

Instagram https://www.instagram.com/bongore200706/