お前それ、ゾフィーにも同じこと言えんの?ver.2.0

主にウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズなどの特撮関係の話題等を扱っていこうと思います。

『魔進戦隊キラメイジャー』第37話 ちょっとした感想

f:id:bongore_asterisk:20201228013447j:plain

後ろ向きさも、必要な感情

 

 

 

番組は変わって、『魔進戦隊キラメイジャー』です。

 

瀬奈ちゃんが前向きに突っ走れてたのは、あなたが万が一に備えて最悪の事態を心配してくれてたからだって!今回は瀬奈&小夜のダブルヒロイン回。かつてのバクダン邪面の時のように瀬奈が5人に分裂してしまうというギャグみたいな展開から始まる一方、中盤あたりから展開が一変。視聴者の心に強く訴えかけるような一編になっていたように感じました。

 

後ろ向きさやネガティブさはどうしてもマイナスイメージとしてとらえられがちですが、今回のお話では、その存在が瀬奈の危機管理能力や決断力に生かされているとし、決して否定していないのが特徴的。こうした優しさというか解釈が、『キラメイジャー』らしくていいよなぁ。

 

なお、同日放送の『仮面ライダーセイバー(聖刃)』の記事は↓コチラです。

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

 

 

あオフの日に、以前から行きたかったカフェを訪れた瀬奈と小夜。お目当てのパンケーキがなかったものの瀬奈が全く落ち込みを見せない中、ヨドンナが突然襲撃してきます。彼女の目的は、オラディン王に会うこと。それを阻止すべく瀬奈たちは変身しますが、ヨドンナのムチを受けたせいで、瀬奈が5人に分裂してしまいます。それを通じて瀬奈の様々な一面に驚く充瑠たちでしたが、1人だけ皆から距離を置く瀬奈がいて…。前回爆死したかと思われたクランチュラですが、開始早々登場して健在であることを披露。彼もまた、ヨドンナがバクダン邪面に対して使った分裂能力を利用していたことから、今回のこれからの展開の伏線にもなっていました。そして、その後展開されるのが、瀬奈たちとヨドンナの戦闘。小夜と2人で挑む彼女でしたが、ヨドンナのムチを受けたせいで5人に分裂。ヨドンナは聖地アタマルドの話を聞いたことで撤退しますが、その後すぐに瀬奈が1つに戻ることはありませんでした。瀬奈は5人に分裂したものの、そのうち4人はどちらかといえばポジティブ思考だったため、分裂したことにほとんど戸惑わずに戦闘続行。なんというか、瀬奈らしいや…。

 

CARAT本部で、瀬奈を元に戻すべく頭を悩ませる充瑠たち。ここで無鈴が、半ば無理やり瀬奈どうしをくっつけたところ1つになったことから、案外元に戻すのは簡単だということが判明します。こうして5人中4人の瀬奈が合体しますが、最後の1人だけは思い悩んで本部から失踪。そんな中、ガルザのスモッグジョーキーが現れます。4/5の瀬奈は、持ち前のポジティブさで怒涛の攻撃を繰り出しますが、それは思わぬ危険を生み出すことに…。意外に元に戻すのは簡単だった、瀬奈の分裂。あえて元通りの方法を簡単にし、そのうえで、5人目の瀬奈(ネガティブで後ろ向き)に自らの意志で合体しないという選択を一度させることで、新たなドラマを生み出すことに成功しています。どの人格も瀬奈には欠けてはならないはずですが、まあ為朝たちから「このままの方がいい」みたいなこと言われちゃあ、元に戻りづらいわな…。そんな中、スモッグジョーキーがヨドンナの指示で出現。これに対し、瀬奈=キラメイグリーンはキングエクスプレスザビューンで挑みます。いつも以上のスピードと勢いで怒涛の攻撃を見せる彼女に驚くキラメイレッドたちでしたが、一方で彼女は、逃げ遅れた人を攻撃に巻き込みそうになるという致命的なミスを犯しかけるのでした。人の命を危険にさらしたにもかかわらず、まったく反省してない…というよりも、失敗する未来が見えないため反省できない瀬奈。こうした出来事が、小夜に、そしてキラメイジャーたちに、5人目の瀬奈の感情も必要であることを認識させます。

 

一時戦線離脱し、5人目の瀬奈を見つけ出した小夜。すっかり自分の存在意義を見失っていた彼女に対し、小夜は後ろ向きな感情の必要性を説きます。やがて瀬奈も駆け付け、5人目の瀬奈は元に戻ることを決意。こうして本当に元通りになった瀬奈は、あよとともに戦いに戻ります。グレイトフルフェニックスも加勢し、戦局がキラメイジャー側に傾き始めたその時、ヨドンナに異変が―!瀬奈の以前の発言を思い出し、湘南に5人目の彼女を捜しに来た小夜。一度は逃げようとする5人目の瀬奈でしたが、小夜の必死の説得が、彼女の考えに変化をもたらします。波打ち際で展開される、小夜の説得。冒頭でも述べた通り、後ろ向きさ・ネガティブさを否定せず、一方で無条件に肯定もせずに、「決断力や危機管理能力のために必要なんだ」として、理由含めてその一面を肯定していたのがGoodでしたね。そんな小夜の言葉に勇気づけられた5人目の瀬奈は、元に戻ることを決意。本当に元通りになった瀬奈は、小夜とともに戦線復帰します。ここでグレイトフルフェニックスも現れ、完全にキラメイジャー側優勢となりますが、その状況をひっくり返したのがヨドン皇帝の出現。彼はヨドンナとして今まで活動し続けていましたが、ついにその正体を一瞬だけ見せ、市街地に壊滅的な被害をもたらして再びヨドンナの姿に戻るのでした。やはり、ヨドンナの正体はヨドン皇帝。ただし、『BLACK RX』のダスマダー大佐とは違い、本人に「自分がヨドン皇帝である」という自覚はないようです。ヨドンナはヨドン皇帝が作り出した変身体ではなくて、もともとあったヨドンナの人格と姿を皇帝が奪って、その姿を借りている…って感じなのかな?まあ、どちらにせよ彼女は今回のED導入部で自分の正体がヨドン皇帝であることを知りましたし、これがどうドラマ展開に影響するかだな…。

 

 

 

残る1つのカナエマストーンを捜しに出かけた宝路。そんな中、ムシバ邪面が現れた!その固い装甲を破るには、キラメイシルバーのシャイニーブレイカーが必要だ。しかし、現れた宝路の様子はどこかおかしくて…?

 

お次回は、宝路とガルザの決闘が描かれる!?本当に両者1対1でぶつかるみたいだけど、真の決着は…まだしばらく先にお預けになるんだろうなぁ。

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Twitter Instagramやってます。よろしければ↓閲覧&フォローの方お願いします!

Twitter https://twitter.com/CTF_bongore_A

Instagram https://www.instagram.com/bongore200706/