お前それ、ゾフィーにも同じこと言えんの?ver.2.0

主にウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズなどの特撮関係の話題等を扱っていこうと思います。

『機界戦隊ゼンカイジャー』第39カイ ちょっとした感想

f:id:bongore_asterisk:20211212171223j:plain

まだクリスマスも来ていないのに酷使される迎春映像

 

 

 

番組は変わって、『機界戦隊ゼンカイジャー』です。

 

どんだけ痛快に暴れられるか、楽しみでしかねぇな!前向き全開!!今回は、前回取り逃がしてしまったショウガツワルドとの対決回。今まで毎回毎回斜め上の展開と、それにより視聴者の脳裏に強烈な爪痕を残してきた本作でしたが、今回はその中でもトップクラスのイカれっぷり(ほめてます)を誇る一編になっていました。

 

まだクリスマスすら来ていないのに、これでもかと挿入される新年のあいさつ映像、トンチキながらも恐ろしい能力を持つショウガツワルドに対する、介人たちのハイテンションな解決法など、もうその突き抜けっぷりは以上。情報の洪水で頭が痛くなったの、久々だったよ…。

 

なお、前回(第38カイ)の記事は↓コチラです。

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

また、同日放送の『仮面ライダーバイス』の記事は↓コチラです。

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

 

 

今日は介人の誕生日。そんな彼をお祝いしようとノリノリなジュランでしたが、容赦ないトジテンド出現の報せが。現場に駆け付けると、そこにいたのは前回取り逃がしたショウガツワルドでした。怒りに任せてショウガツワルドを倒そうとする彼らでしたが、その攻撃を浴びた直後、いきなり正月気分になって戦闘放棄。実はこれこそ、ショウガツワルドの最大の能力でした。やがて、その影響は一般市民にまで及ぶようになって…。アバンタイトルが始まってから、強引すぎる展開でトジテンドが介入してくるのは、本作ではいつものこと。しかし今回は、その直後の戦闘シーンで、予想もしなかったトンチキな展開が待ち受けていました。ショウガツワルドの最大の能力は、攻撃を浴びせた相手を、1時間に1回正月気分にさせ、嫌なことを忘れさせてしまうというもの。これにより、ショウガツワルドの出現を「(誕生日会開催にとって)邪魔で嫌なもの」ととらえていた介人たちの戦意を奪っていきます。まあショウガツワルドらしい能力っちゃあそうだけど、1時間に1回気分をリセットさせるって、なかなか恐ろしい能力だよなぁ。『ゼンカイジャー』だから、介人たちが新年のあいさつして正月気分になるだけで済んでたけど、他作品じゃこうはいかなさそうだ…。

 

ショウガツワルドの能力のからくりに気づいた介人たち。最初は1時間以内に決着をつけようとしますが、神出鬼没のショウガツワルドの前に、なかなか有効な手が打てません。それを受けて、彼らは作戦を変更。次にショウガツワルドが現れた際に登場した彼らの格好は、なんとパリピ感全開の格好でした。そう、介人たちの作戦とは―!ショウガツワルドは出現場所に法則性がないため、様々なところに出現。介人たちは返信どころかショウガツワルドと対面することもできないうちに、気分をリセットされてしまいます。中盤では、ショウガツワルドに翻弄されて何度も新年のあいさつをする彼らの姿が描写。いや、新年のあいさつ映像をこれだけ短時間のうちに見せられて、その挙句「もうおなかいっぱいだよ」って思わされたの、これが初めてだよ!そんな介人たちでしたが、あることに気づいて作戦を一気に変更。パリピ感満点の格好で登場した彼らは、ショウガツワルドの能力の影響を全く受けず、ようやく戦いの舞台に立つのでした。ショウガツワルドの能力で正月気分にさせられるのは、上述の通りそれが自分たちにとって「嫌なもの」だから。これに気づいた介人たちは、気分をリセットされても介人の誕生日などを覚えていたことをヒントに、ショウガツワルド退治を「楽しいこと」と思い込むことにして、気分のリセットの防止に成功します。文章に起こすと、なかなか悪くない介人たちの作戦。でも劇中では、それよりも気でも狂ったんじゃないかってくらいハイテンションで登場する彼らの姿ばかりに圧倒されちゃったな…。

 

けショウガツワルドの能力を突破した介人たちは、ハイテンションで変身してそのまま戦闘へ。センタイギアを使いこなして、ショウガツワルドを倒します。続いて現れたダイショウガツワルドも、その変わった能力に翻弄されながらも、最後はゼンリョクイーグル・ゼンカイオージュラガオーン・ゼンカイオーブルマジーン・ツーカイオーカッタナーの力で撃破。これにて事件解決かと思われましたが、その時新たな敵が現れるのでした。少しでも嫌なことだと思うとショウガツワルドの能力の影響を受けるため、常に異常なほどのハイテンションで戦う今回のゼンカイジャー。いやはや、楽しそうを通り越して、完全に狂気じみてて怖かったよ!ちなみにこの戦闘では、クリスマス商戦を見据えて、最近使っていなかったツーカイザーのフォームチェンジも久々に使用されました。そして、最後は巨大ロボ戦。ここ最近のロボの布陣とちょっと違ったのは、やはりクリスマス商戦を見越してでしょうが、それ以上にダイショウガツワルドとのバトルの絵面がインパクトありすぎましたね。いやいや、獅子舞と虎の着ぐるみも巨大化して敵に回るって、どういうことなのよ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼンカイジャーの前に現れた、トジテンドの新たなる巨大兵器。それはハカイジュウオーであり、そのパイロットは洗脳を強化されてしまったハカイザーだった。完全に敵の手に落ち、猛攻を仕掛けてくるハカイザーを前に、介人たちはどう戦うのか!?

 

次回は、児童誌でも大きく取り上げられていた、ゼンカイジャーとハカイジュウオーの一大決戦回。特撮にもかつてないほど気合いが入ってるみたいだし、様々な意味でこれは楽しみだぞ~!

 

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Twitter Instagramやってます。よろしければ↓閲覧&フォローの方お願いします!

Twitter https://twitter.com/CTF_bongore_A

Instagram https://www.instagram.com/bongore200706/