お前それ、ゾフィーにも同じこと言えんの?ver.2.0

主にウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズなどの特撮関係の話題等を扱っていこうと思います。

『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』ちょっとした感想 Lovely-2

f:id:bongore_asterisk:20210127225559j:plain

今回は、『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』の第2クール(第14~26話)まとめ感想記事です。

 

今までの「ガールズ×ヒロイン!シリーズ」作品と同じく、バラエティに富んだ単発回が多めだった、『ラブパト』の第2クール。しかし、大きく違う点は、期間限定扱いの幹部級敵キャラであるサーたんとラブパトリーナたち(特にツバサ)の交流を深く描いたことにあるといえるでしょう。本シリーズの新境地を開拓した展開だったと感じましたね。

 

なお、前回(第1クール)の感想記事は↓コチラです。

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:bongore_asterisk:20210127231106j:plain

第2クールで最も注目させられたのは、やはりサーたんの存在。『ファントミラージュ!』におけるサマー署長のような期間限定幹部(級の敵キャラ)という形で登場が告知され、キャストが金田朋子さんと聞いた時には、ハッキリ言って不安しかありませんでしたが、まさかラブパトリーナたちと関係を深め、ワルピョコ団側につくのかラブパトリーナ側につくのか揺れ動くキャラクターになるとは、思ってもみませんでした。おまけに、その展開が年をまたいで年始1回目の放送まで続くとはなぁ。

 

「ガールズ×ヒロイン!シリーズ」はもともとそんなに重い展開は盛り込んでこないので、「悲劇的な結末にはならないだろうなぁ」とは思ってはいましたが、それでもツバサたちとサーたんの決着がどうつくかはハラハラさせられましたね。「サーたんは敵だから倒すしかないのか?」・「ラブを奪われたツバサは復活できるのか?」―。話によっては「そんなに簡単に解決してもいいのか?」と感じるところもありましたが、こういう独特のハラハラ感を盛り込んだのは、面白い試みだと感じましたね。

 

その他のお話に目を向けてみると、やはりツバサたちのうちの誰か1人と、ゲストキャラクターが関わって展開が広がる構成が多め。『ラブパト』の場合、ツバサたちが事件に遭遇して変身するというだけでなく、ラブパト110番を受けて出動するというパターンもあるため、それほど受け身になっていない(巻き込まれがたの展開が少ない)のはGoodだと思います。

 

 

 

 

入卯ジョンが変身させられてしまったワルワルラブゼーロに、苦戦を強いられるラブパトリーナ。ハヤトが見つけ出したという、パワーアップアイテムの秘密とは一体何か?2月7日、彼女たちの新たなる力が開花する!

 

本日(1月27日)の情報解禁により、ラブパトリーナの強化フォームであるラブピョコリーナのビジュアルが公開。『ミラクルちゅーんず!』以来3年ぶりに全員が強化する形になりそうです。「強化フォーム出てくるの早くない?」と思ったけど、そうか、いつも3クール序盤あたりで出てきてるから、流れとしてはいつも通りのペースなんだなぁ…。

 

↓第3クールは、美しい花!

bongore-asterisk.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Twitter Instagramやってます。よろしければ↓閲覧&フォローの方お願いします!

Twitter https://twitter.com/CTF_bongore_A

Instagram https://www.instagram.com/bongore200706/