お前それ、ゾフィーにも同じこと言えんの?ver.2.0

主にウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズなどの特撮関係の話題等を扱っていこうと思います。

『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』第3話 ちょっとした感想


秋 田 - 盛 岡 間 は 全 て が ク ラ イ マ ッ ク ス






ガンガンズダンダン!今週もこの時間がやってきた!今回の『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』は、のちにシンカリオンE6こまちの搭乗者となる男鹿アキタの初登場回になりました


アキタは登場しましたが、展開の都合上E6こまちの登場はナシ。私が求めているE7かがやきは、いつ出てくるんだろう…。





新たなシンカリオン適合者を探すべく、超進化研究所はシミュレーターをアップグレードし、スマホアプリ・アーケードゲームとして全国に配布。そのために適合者であるハヤトのデータが必要なため、シミュレーターのやりこみが始まります。適合者探しのために始まったこのゲーム。すでにある程度のプレイ人口がいるようですが、この時点ではまだハヤト並みのハイスコアをたたき出している人はいないみたいですね。ちなみにここでランクインしている人の苗字は、全てその人が住んでいる県に実在する新幹線の駅がモチーフ。しかし5位の岐阜県だけ苗字が「ハトリ」になっています。岐阜県にあるのは岐阜羽島駅なのに…。適合者探しとはいえ、出水指令長の「子供は戦わせたくない」という信念は変わらず。しっかりとこの点が補完されていたのがよかったですね


やがて、そのアーケードゲームでハヤト並みの高得点をたたき出す人物が登場。個人名までは特定できませんでしたが、秋田県秋田市にいることまでは判明したため、ハヤトが秋田市に向かうことになりますが…。秋田市に適合者がいることを知り、E5はやぶさで出撃しようとしたハヤト。当然最初は止められてしまいますが、出水指令長とホクトの許可が出たことで向かうことになります。秋田までは直行せず、E5はやぶさで仙台まで向かい、そこから乗り換えて秋田に向かうことになったハヤト。ハヤトは「車体幅の関係上E5は秋田新幹線に入れない」と言っていましたし、私も当初はそう思っていましたが、この時出水指令長が仙台乗り換えを指示したのは、それよりも「その路線で見慣れない新幹線が走って不審がられるのを防ぐ」という理由もあったのではないでしょうか?秋田市についたハヤトですが、適合者の発見には至らず。落ち込んでいる際に出会ったのは、地元のクールな少年でした。このシーンでアキタが初登場。確かに事前情報通りクールそうな感じをしていますが、なんか中盤からポンコツキャラになりそう…


秋田新幹線でアキタと鉢合わせしたハヤト。初めての秋田新幹線に興奮するハヤトでしたが、アキタはそれに迷惑気味。そんな中宮城県名取市に巨大怪物体が出現し、ハヤトは仙台から出撃します。秋田新幹線の車窓で興奮し、シャショットがしゃべったことで取り乱して離席し、さらには緊急コールを受けたことでまたもや離席するハヤト。そりゃあアキタが顔をしかめて迷惑がるのも無理ないわな…。さすが新幹線をモチーフとして全面アピールしているだけあって、このシーンでも鉄道ネタは満載。E6こまちの車内が描かれているのはもちろん、ハヤトが語る秋田新幹線の魅力もまさしくその通りです。そういや、私は東北新幹線は全く乗ったことないなぁ。いつか乗ってみたい…と今回で思っちゃいました


名取市に出現した巨大怪物体:フロストツリーと対峙するE5はやぶさ。しかしその車内には、ハヤトにスマホを持っていかれてしまったアキタも乗っていました。アキタは新幹線がロボになっているという状況下でも取り乱すことなく、逆にハヤトに協力。雪を利用して姿を隠す敵に対し、2人は協力してグランクロスを放ち勝利するのでした。シンカリオンの戦闘は捕縛フィールド内で行われますが、あくまでもその一帯を覆う機能に過ぎないためか、今回の戦闘は吹雪の中の雪原でのバトルに。これからもハヤトたちは様々なところに行くことになるでしょうから、その行く先々で様々なフィールドでのバトルが楽しめるんでしょうね。雪に身を隠す敵を撃破するため、アキタが敵の位置を捕捉しハヤトが発射するという共闘になった今回。射撃の名手であるアキタが、次回以降でE6こまちの搭乗者になる伏線にもなっています。まあ、事前の公式情報でそのすべてが公開されちゃってるけどね







適合者であるアキタは、シンカリオンの運転士になることを拒否。しかし、再び巨大怪物体が現れて…?


次回はシンカリオンE6こまちが本格的に出動!ということは、次々回でリンク合体、その次にシンカリオンE7かがやきが登場かなぁ。








今日の動画紹介◎


今日はいつもの特ソンの代わりに、動画のご紹介です。何気に新年一発目の動画紹介ですね。


今回は↓コチラ!



「ご当地バージョンPV/新幹線変形ロボ シンカリオンです。


視聴者の希望にこたえる形で公式配信されることになった、全国のTBS系列27局の番宣CM。大多数のCMがその地域の方言バージョンになっており、観てるとなかなか面白くなってきます。


個人的には地元関西(MBS)、福岡(RKB)、鳥取・島根(BSS)、熊本(RKK)のバージョンがお気に入り。そういえば、この27局の番宣CMの中では静岡・新潟・高知・鹿児島・山梨が方言CMになっていませんね。何か意味あるのかな…?




 
 
 
 
 
 
 
 
それではまた次回、お会いしましょう!
 
 
 
 
 
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Twitterやってます。よろしければ閲覧&フォローの方お願いします→https://twitter.com/CTF_bongore_A